引っ越す際のマナーとは

どこにあいさつをすれば良いのか

たくさんの人が暮らしている賃貸物件の場合は、全員にあいさつをするのは時間が掛かります。
最低でも、両隣と上下の住民にあいさつをしていれば大丈夫でしょう。
あいさつをする時は、粗品を持って行くのがマナーです。
絶対に、手ぶらでは行かないでください。
タオルが無難なのでおすすめです。
あいさつをする際は、丁寧な言葉遣いを意識してください。

適当にあいさつを済ませると、これからのご近所付き合いに支障が出ます。
あいさつをしていれば自分は安全な人間だと伝わるので、困った時に助けてもらえるでしょう。
何かあった時に、自分の力だけでは足りないかもしれません。
遠慮しないで、ご近所の力を借りてください。
そのため、第一印象を良くしましょう。

伝える内容を考える

ペットを飼っていたり、小さな子供がいる場合は少し日常の生活音がうるさくなるかもしれません。
近所へあいさつに行く時、そのことを伝えておくのがおすすめです。
すると生活音がうるさくなっても、仕方がないと思ってくれるかもしれません。
しかし事前に伝えているから、どれだけ大騒ぎしても問題ないと思わないでください。
あまりにもうるさくし過ぎると、クレームが届きます。

何度もクレームが届くと、その賃貸物件で生活を送ることができなくなるので注意してください。
ペットや小さな子供がいる場合でも、なるべく生活音がうるさくならないよう工夫しましょう。
ご近所と騒音トラブルが起こるケースが増えているので、対策方法を調べてください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ